所蔵されているアダルトDVDをリサイクルショップの買取に出すのは恥ずかしいと感じてしまう方もいらっしゃると思います。個人の趣味や嗜好が反映されますから当然と言えば当然です。

ただ、リサイクルショップの利用にあたっては、そのあたりの事はあまり気にしなくて大丈夫です。

査定の際にリサイクルショップがチェックするのは、概ね次の3点です。

  1. DVDの中古相場・・・過去いくらくらいで取引されているか?現在の価格は?
  2. DVDの回転率・・・過去どれくらいの頻度で売れているか?最近発売されたタイトルか古いタイトルか?
  3. DVDの状態・・・ディスク、ジャケット、ケース、解説書などのヤケ、キズ、ヨゴレはどの程度か?

インターネットの普及していなかった昔のやり方はちょっと分かりませんが、今のリサイクルショップの多くはこの3点を総合的に評価して査定額としています。

査定にあたっては、そのDVDがどんな内容なのか?だとか、どれだけおもしろいのか?などはまったく関係ありません。世に出ているアダルトDVDが何万本~何十万本とある中で、リサイクルショップがそのタイトルの中身までは「気にしている時間がない」というのが正しいかもしれません。

ほとんどはお店のルールに従って淡々と依頼された商品の査定をするだけですから安心してください。

もちろん、リサイクルショップも人間が運営していますため「個人の趣味や嗜好に興味を持つことは100%絶対にありえない。」とは言いませんが、たくさんの方から実に様々なDVDの買取を依頼されていますから、そこまでお気にされず気軽に利用して頂けたらと思います。

また、大手のリユースチェーン店に大量のアダルトDVDを持ち込むのは店員の目が気になって気が引けるという方も、当店のように宅配(郵送)買取型のリサイクルショップを使えば、店員と対面する必要がありませんから多少心理的なハードルを下げることができるのではないでしょうか?

買取の流れ(ブック川崎の場合)

逆に、買取を依頼するリサイクルショップのルールにはご注意ください。

日本で一般に流通しているセル版のプレスDVD(新品がお店で売っているタイプ)であれば、ディスク・ジャケット・ケースが揃っていればほぼ買取対象となると思いますが、

  • レンタル落ち
  • 買取対象となるDVDの状態(ヤケ、キズ、ヨゴレやタバコ臭、ジャケットがなくディスクのみ)

などはリサイクルショップによって取り扱いが異なっています。

リサイクルショップに売る前に、そのリサイクルショップの買取で取り扱っているかどうかを先に確認しておくことをお勧めします。

当店ではレンタル落ちとジャケットがなくディスクのみの商品や、ヤケ、キズ、ヨゴレやタバコ臭などによる状態の悪化してしまったものは買取不可となってしまいます。

詳しくはQ&A:アダルトDVD・ブルーレイをご覧ください。

また、取扱いがデリケートなアダルト限定で匿名でのアダルトDVDのお引き取り・処分も承っております。アダルト系のブルーレイ・ゲームソフト・本・雑誌もOK、10点以上で着払い(送料無料)も可能です。

可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、こちら記事は必ずしも完全性、正確性、または適時性等を保証するものではありません。ご了承ください。